儚月響のブログ

「小説家になろう」、Amazon KDP、群雛で小説を書いてます。 よろしくお願いします。

自分の異性の友達は、圧倒的に主婦が多い。
それも離婚していない旦那のいる主婦だ。

なんか主婦に好かれて、私の勃起した性器の写真を送ってくれとせがまれてメールで送ったこともある。
相手の主婦は私の勃起チンポを見て喜んでいた。

主婦というのは、多少なりともスケベである。
だからといって、肉体関係にまでは至らないが。

というか、人妻と肉体関係になったら不味いだろう。

なぜ、独身女性にモテないのか?
なぜ、人妻にモテるのか?

これが逆ならいいのに、世の中はなかなか上手くいかないものである。

5d69f979

ニューズウィーク』(英語: Newsweek)とは、主に政治や社会情勢などを扱うアメリカ合衆国の週刊誌である。ニューヨークに本社がある。

概要

1933年2月17日にトーマス・J・C・マーティンが中心となって創刊され、当時は「News-Week」とハイフンが入った名称だった。ジャパン・ロビーのメディアとして第二次世界大戦前後に売り上げを伸ばし、1961年ワシントン・ポスト社に買収された当初は写真とニュースを売り物にした雑誌だったが、次第に論説やインタビュー記事、著名人によるコラム、独占取材など、多様な内容に変わっていった。

2007年頃より赤字額が拡大し、2010年5月5日にはワシントン・ポストが売却を検討していることを発表、同年8月2日に音響機器メーカー大手のハーマン・インターナショナル・インダストリーズの創業者シドニー・ハーマン (enに売却すると発表した。2010年、1ドル(約78円)で売却された[1]

ニューヨークの本社のほかに、アメリカ国内外22の支局がある。国内支局はロサンゼルス、シカゴ/デトロイト、ダラス、マイアミ、ワシントンD.C.、ボストン、サンフランシスコ、外国支局は、メキシコシティパリ東京ワルシャワケープタウンフランクフルト香港エルサレムロンドンモスクワ北京、ベルリン、バグダッド、南アジア、ケープタウン、メキシコシティおよびブエノスアイレスにある。


2012年10月18日の発表によると、「印刷版として提供される Newsweek は米国では2012年12月31日に発行されるものが最終号となり、以降は 「Newsweek Global」としてデジタル版のみの発行となる」としていたが、2014年5月に印刷版の発行を再開した。再開して最初の号の表紙はビットコインに関する記事であった[2]

競合誌

創刊以来、アメリカ国内のニュース雑誌の発行部数では、おおむね「タイム」誌に続く2位となっている。3位は「USニューズ&ワールド・レポート」。2003年の発行部数は、アメリカで約310万部、アメリカ国外で約90万部の計400万部とされ、世界に約2500万人の読者がいると発表されている。

英語版

英語版にはアメリカ国内版と国際版があり、それぞれに別の編集長がいる。アメリカ国内版は国内のニュースやトピックを中心にしており、国際版とは内容が大きく違う。国際版には、太平洋版、ヨーロッパ版、ラテンアメリカ版があり、互いに構成・内容が違うことも多い。

外国語版・現地版

現地版として日本版、韓国版、ポーランド版、ロシア版、スペイン語版(欧州スペイン語、南米スペイン語)、アラビア語版、セルビア語版、トルコ語版、のほか、月刊の中国語版である「Newsweek Select」がある。オーストラリアには提携誌である「The Bulletin with Newsweek」があったが、2008年1月に廃刊となった。

日本版

日本版は1986年1月23日にTBSブリタニカから創刊された。出版元はTBSブリタニカから阪急コミュニケーションズを経て、2014年10月よりCCCメディアハウスが発行している。発行部数6万部[3]

  • 価格:税込み450円
  • 発売日:毎週火曜日
  • 言語:日本語
  • 編集長:横田孝

スクープ・問題となった記事

北朝鮮日本人拉致問題報道

2003年10月22日号「拉致された北朝鮮報道」の記事において、「家族会および救う会が「拉致報道」をコントロールしていて、『被害者にインタビューできるのは、彼らの眼鏡にかなった記者だけ』」と批判した。実際は、5人の拉致被害者家族はメディアの個別取材にはいっさい応じておらず、特定の記者を選別しているわけではなかった。救う会はこの記事に抗議し、編集部は当該部分の誤りを認め、後日「お詫び」を掲載して関係者に謝罪した[4]。ただし、横田めぐみさんの遺灰とされるものからDNAが検出されたとの報道に対し、イギリスの科学者が確認実験をしようとしたところ、日本政府によって認められなかったため、遺灰からDNAが特定できたことの科学的な根拠が薄いことを明らかにした。

『華氏911』批判記事

2004年6月28日号(日本版2004年7月21日号)において、マイケル・ムーア監督によるブッシュ政権批判のドキュメンタリー映画『華氏911』を非難する記事(日本版タイトル「ここが変だよ華氏911」)を掲載した。記事を書いたのは、ビル・クリントン大統領のモニカ・ルインスキー・スキャンダルのスクープで有名なマイケル・イシコフ記者で、記事の中でイシコフは、「『華氏911』には事実の歪曲や論理の飛躍が目立つ」としてムーア監督を非難した。もっとも、イシコフが『華氏911』の問題点として具体的に取り上げた箇所は以下の2つのみであった。

  • 『華氏911』では、911テロ事件直後にアメリカ全土の民間航空機が飛行禁止となっている中で、ビン・ラディン一族を含むサウジアラビアの王族を乗せたチャーター便だけがブッシュ大統領の意向で飛行を許可され、アメリカ国外に脱出できたとしているが、彼らが国外に脱出したのは、飛行禁止が解けた9月14日以降のことである。
  • ブッシュ元大統領とビン・ラディン一族が関係していた投資会社「カーライル・グループ」は、国防会社の「ユナイテッドディフェンス(以下UD社)」を所有しており、「911で大きな利益を上げた」と『華氏911』では指摘しているが、実際はUD社がアメリカ陸軍のために11億ドルをかけて開発していたクルセイダー戦車の導入が中止され損をしている。

これに対してムーア監督は、次のように反論している。

  • たしかにサウジアラビア王族が出国したのは飛行禁止解除後だが、チャーター機は飛行禁止だった9月14日以前に飛行し、アメリカ国内に点在しているビン・ラディン一族を次々とピックアップしていた。事実、9月13日のタンパ国際空港の飛行記録には、1機の自家用ジェット機が同空港に着陸、3人のサウジアラビア人を乗せて飛び去ったと記載されている。
  • UD社がクルセイダー戦車の導入をアメリカ陸軍に破棄されたのは、カーライル・グループがUD社を売却した後であり、カーライル・グループは911後にUD社を売却して莫大な利益を上げていた。

「これらは少し調べれば判ることなのに、わざと時間軸をずらして読者に『華氏911』に疑念を抱かせようとしている悪質な中傷記事である」とムーア監督は抗議した。さらに返す刀で、記事を書いたイシコフ記者が過去に勤めていた『ワシントンポスト』誌で、イランコントラ事件ホワイトウォーター疑惑を巡って憶測に満ちた記事を書いたことで、同誌に訂正文を掲載させるなど、キャリアに問題のある記者であることを暴露した[5]

結局、抗議を受けてイシコフとニューズウィークは記事の訂正を余儀なくされた。なお、イシコフ記者はその後もニューズウィークに残り、グアンタナモ収容所コーラン冒涜報道事件(後述)を引き起こしている。

グアンタナモ収容所コーラン冒涜報道事件

2005年5月9日号のマイケル・イシコフ記者による記事『ペリスコープ』において、「グアンタナモグアンタナモ湾収容キャンプで、イスラム教の聖典コーラン便所に流して囚人を動揺させ、自白を強要する尋問法が使われている」という、匿名のアメリカ軍関係者の証言を掲載した。この記事が掲載される以前から、「アメリカ軍人が囚人を尋問する際に、目の前でコーランを破ったり蹴ったりしている」という報道があったが、アメリカ軍の関係者が公式に認めたという記事はこれが初めてだった。

この記事が掲載されたのを機に、イスラム国家で猛烈な反米抗議運動が巻き起こり、パキスタンとアフガニスタンでは、抗議デモと警官隊の衝突で16人の死者が出た。

事件を受けて、アメリカ軍は内部調査を開始し、その結果「報道されたような事実はない」と発表した。ライス国務長官やマクラレン報道官ほか、軍高官等は「事実無根の記事でイスラム世界でのアメリカのイメージを傷付けた」としてニューズウィークを激しく非難した。

ニューズウィークは当初、「記事を撤回する気はない」としていたが、非難の声が高まったため記事の再検証を開始した。再検証の結果、取材源のアメリカ軍関係者にコーラン冒涜の事実を確認したところ何の反応もなかったので、事実を認めたとみなし掲載したという経緯を明らかにし、「高官の沈黙を確認と間違えて判断して掲載してしまった」と非を認め記事を撤回した。ただし、誤報とは認めなかった。

ニューズウィークは「読者への書簡」と題する謝罪文を掲載し、以後匿名のリーク記事の乱用を戒める旨を読者に誓った上、アメリカ軍関係者、暴動での犠牲者と遺族へ謝罪した。

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての第96代天皇にして、南朝の初代天皇(在位:文保2年2月26日1318年3月29日) - 延元4年/暦応2年8月15日1339年9月18日))。ただし、以下で記述するとおり、歴史的事実としては在位途中に二度の廃位譲位を経ている。尊治(たかはる)。鎌倉幕府を倒して建武新政を実施したものの、間もなく足利尊氏の離反に遭ったために大和吉野へ入り、南朝政権(吉野朝廷)を樹立した。

後醍醐天皇
後醍醐天皇像(清浄光寺蔵)

即位礼 文保2年3月29日(1318年4月30日
大嘗祭 文保2年11月22日(1318年12月15日
元号 文保
元応
元亨
正中
嘉暦
元徳
元弘
建武
延元
追号 後醍醐院
延元4年9月8日(1339年10月11日)追号勅定
関白 二条道平一条内経九条房実
鷹司冬平→二条道平→近衛経忠
鷹司冬教→(廃止)
先代 花園天皇
次代 南朝後村上天皇
北朝光厳天皇光明天皇

誕生 正応元年11月2日1288年11月26日
崩御 延元4年8月16日1339年9月19日
吉野行宮
陵所 塔尾陵

房川渡中田関所(ぼうせんのわたしなかたせきしょ)とは、江戸時代に奥州街道・日光街道の利根川筋(現大落古利根川)に設置された関所の一つである。奥州街道・日光街道の栗橋宿から中田宿の間、利根川筋古利根川沿いにあった。房川渡中田関所名の由来は、房川渡と中田宿の間にあったためと言われていたという[1]。通称栗橋関所であった[2]

房川渡場図(『新編武蔵風土記稿. 巻之38 葛飾郡之19』に拠る)

地理院地図 Googleマップ 房川渡中田関所(栗橋関所)


概要

この地は利根川の渡河地点にあたり、日光街道から江戸への出入りを監視する関所が置かれ、江戸の北方を守る要地であった。

慶長年間に、地元の池田鴨之助、並木五郎平の出願により、上河辺新田(現栗橋地区)が開墾された。その後、元和2年(1616年)に日光・奥州街道筋が付け替えられ、その地に利根川渡河の宿駅として栗橋宿が成立した。栗橋宿は利根川対岸の中田宿と合宿の形態をとっていた。

栗橋宿から中田宿につながる奥州街道・日光街道の間には利根川が交差している。しかし、軍事上の目的から架橋されなかっため、代わりに渡船場が置かれ房川渡しと呼ばれていた。また、利根川沿いには、房川渡中田関所が設置された[3]関所は、当初中田側に設置されていたが、寛永元年(1624年)に栗橋に移設した。正式名称は「房川渡中田御関所」であるが、通称「栗橋関所」とされた[4]

房川渡中田関所の設置

江戸幕府は防衛上の理由から、大河川に橋を架けず、奥州・日光街道の利根川筋に渡船場が設置された。これは、古名を引き継ぎ、房川渡と呼ばれた。そして「江戸の治安を図る爲・・・(中略)・・・設けられたのが関所がある」[5]

栗橋宿の設置と房川渡

栗橋宿の設置は、元和元年(1615年)あるいは元和2年(1616年)とされている[6]。『房川渡船場御用留』(弘化4年3月改)によると、元和年間(1615年-1623年)に設置された[6]。渡船場を房川渡と呼び、堤の上に関所、その下に渡船に従事する屋敷(水主屋敷)があり[6]、また、元和2年(1616年)渡船場を開いて往来に役立ったとの記録がある[6]

房川渡中田関所の設置

房川渡中田関所の設置時期は明らかではないが、「「寛政重修諸家譜」には、天正18年(1590)伊奈忠治房川などの関を守るとあり、また、元和2年(1616)の関東十六定船場設定の際、房川渡とともに栗橋が指定されている(御触書覚保集成)。中田栗橋関所覚書(宝暦9年から天明8年まで、足立家文書)に「寛永元甲子年御関所相初」とあり、「(新編武蔵)風土記稿」に番所番人の四人は寛永元年(1624)に置かれた」とあり[7]寛永元年(1624年)には、房川渡中田関所が創設されていた[6][8]。関所の初代守護は、関東代官の伊奈氏であった[9]伊奈忠治が四人の関所番を抱え入れた時期(寛永元年)を関所の設置時期とされている[10]当初、関所は中田宿側に関所が置かれていたが、対岸の栗橋宿側に移された[4]。栗橋宿の北、渡船場前に設置され、対岸に中田宿があった[10]。正式名称は房川渡中田御関所であったが、「栗橋関所」を通称とした[4]

関所の構造と関所道具類

『房川渡中田関所文書』の「嘉永元申年十月」によると、関所の面積が縦14間1尺、横15間1尺であり、その中に約16坪の番所があったという[11]。また、関所内には、三道具突棒刺股袖搦)が置かれていた[12]

房川渡中田関所には、鑓4筋、三道具、捩り棒十本、長熊手2本、捕縄十筋・番手桶等が供えられていたが、鉄炮・武器はなかった[13]。文久元年6月の「御関所日記写」[✝ 1]によると、伊奈半左衛門支配当時には、関所備武器として鉄炮・弓が置かれていたが、支配替えにより引き上げられ、鉄炮・武器は置かれていなかった[13]。その後、文久元年6月には、代官新居顕道が、江戸からの御預り鉄炮が関所に置かれた[13]

関所の流出と再建

利根川渡良瀬川の合流地点にあったため、洪水のたび関所が流され[14]、天明元年(1781年)の覚では、元禄3年、元禄8年、宝永元年(1704年)、寛保2年(1742年)とあり[✝ 2]、天明13年の覚では、元禄期に3度あったという[✝ 3]

関所の再建は、寛文元年(1661年)、寛文3年(1663年)、元禄3年(1690年)、元禄8年(1695年)、延享元年(1744年)に行われている[14]。関所は、河原の浸食により後退し、その規模も縮小されていったという[14]

房川渡し

栗橋・中田宿および房川渡中田関所の位置関係(大日本沿海輿地全図拠り。)

房川渡しの由来

奥州道で、幸手から古河への経路は、幸手から外国府間(幸手市)から房川とよばれた渡良瀬川を渡り栗橋(茨城県五霞村元栗橋)、小手指(五霞村)を経て古河に至るものであった[15]江戸時代以前の街道(および整備される以前の日光街道)は幸手宿から北東に向かった先に、古くから旧渡良瀬川(現利根川)を渡る渡船場があり、房川渡し(ぼうせんのわたし)と呼ばれていた。渡河した左岸には旧栗橋村があった。そこから北上して現在の古河市へ入った[✝ 4]。「房川渡」の名称の理由は不明であるが、言い伝えでは、栗橋宿内庵室にいた僧(法花房)がおり、小舟で渡河するものが「坊か渡し」と言われたことに由来するという。[16]

渡船

渡船は、享保17年(1733年)に、関所(栗橋)に、渡船2艘[✝ 5]、 茶船5艘が係留し[✝ 6]が、中田宿側に茶船5艘が係留していた[✝ 7]。これらは、一般の関所通行人が使用していた[17]

船頭に対する規定

関所番から、栗橋宿馬船水主11人、船頭1人に対する規定について、中田宿には川高札が建てられ、天保9年8月には、 「(1)船頭は二十歳から五十歳までの健康な者に限る、 (2)女・乱心・首・囚人・大きな荷物・夜中通行は差図を受けたうえで渡す、 (3)定船場以外で渡船をせず、見付け次第注進する、 (4)武士からは御定の通り船賃を取らず、町人百姓からは御定の外は船賃を取ってはいけない、 (5)渡船仲間には栗橋宿の船渡町出生の身元確かな者以外は仲間にしない、 (6)船を出すときには往還の人に呼びかける、 (7)渡船仲間の家族の女が中田宿へ耕作に行くときは、関所へ声を掛け、通行のための鑑札を受け取り、帰りは返却することが申しつけ」られており[✝ 8]、 船頭の条件(年齢・健康状態)、女・荷物等の通過、夜中の通行は指図を受けた上での渡船、定船場以外からの渡船の禁止、船賃の指示、渡船仲間に関する指示、船を出す時の確認、渡船仲間の家族の女の通行のための規定等が表されていた[17]

日光社参と船橋

房川渡には、日光社参の際、臨時に船橋が架けられており、いくつかの絵図が残されている。 『日光社参房川渡船橋之絵図』には、安永5年(1776年)、第10代将軍徳川家治が日光社参の際の船橋が描かれている。[✝ 9]船橋は、高瀬舟53艘並べ、舟はと石詰めの俵を結んで沈め、丸太と舟を結び付け橋桁を並べ、粗朶を敷き、土砂と砂をのせた。また、舟の固定のため、川の両岸にをさし杭と艫網を繋いでいた[18]。 『日光山御社参之節房川渡シ御船橋絵図』には、天保13年(1842年) 将軍の日光社参の際の船橋が描かれていた[✝ 10]

このページのトップヘ