儚月響のブログ

「小説家になろう」、Amazon KDP、群雛で小説を書いてます。 よろしくお願いします。

讃岐うどん(さぬきうどん)は、香川県特産のうどんである。

讃岐うどん(さぬきうどん)
Kama-age sanuki udon by sekido in Takamatsu, Kagawa.jpg
種類 麺料理 (うどん)
発祥地 日本の旗 日本
地域 香川県
主な材料
かけうどんと稲荷寿司観音寺市

香川県においてうどんは地元で特に好まれている料理であり、一人あたりの消費量も日本全国の都道府県別統計においても第1位である[1]。料理等に地域名を冠してブランド化する地域ブランドの1つとしても、讃岐うどんは観光客の増加、うどん生産量の増加、知名度注目度の上昇などの効果をもたらし、地域ブランド成功例の筆頭に挙げられる[2]。 日経リサーチの隔年調査では地域ブランドの総合力において讃岐うどんは350品目中1位となり(2008年、2010年連続)[3]、観光客は行き先選択の理由、香川の魅力の第一にうどんを挙げ[4]、2011年には香川県庁と香川県観光協会はうどんを全面的に推しだした観光キャンペーン「うどん県[5]をスタートさせた。

古くから良質の小麦[6][7]醤油[8]、そして地元ではイリコと呼ばれている煮干し[8]などが、讃岐国(現香川県域の旧国名)の特産品であり、それらうどんの材料の入手が容易であった。元禄時代の一枚の屏風絵にも複数のうどん屋を認めることができる[9]。時代が下り、現在の地域ブランド名称となる「讃岐うどん」が広く知られるようになったのは、うどんを名物とし始めた1960年代頃と考えられている[10]

讃岐うどんは香川県のうどん店や家庭で作られるうどんを指すとともに[11]、日本全国各地の飲食店でもうどん料理が「讃岐うどん」として供されていたり、冷凍食品など店頭で手軽に入手可能など、香川県外の地域でも容易に食せる料理として広まっている。讃岐うどんは代表的なうどんの一種として有名になったことや、2006年から開始された地域団体商標制度への登録は「地名+商品名」でも、一般的に使用されている名称で全国各地で作られている物は難しいという見解を特許庁は示しており[12]、該当する商品(後述)において「本場」「特産」などと表示する場合のみ、公正競争の観点から規制を設けた程度にとどまっている。本場でしか味わえない点と、どこでも容易に触れ得る点の両面から、「本場の味を試したい」という欲求を呼び起こすことに成功している一方で[2]、日本国外でのブランド防衛では後手に回った事例も見られる[13]後述)。

小麦粉の切り麺であるうどんは香川にしかないものではなく、古来全国にあるが、讃岐は特にうどんのトップブランドとして広く認知されており、各地のうどんを紹介する際に「第二の讃岐うどん」といった表現が用いられたり[14][15]、特にゆかりはなくとも「讃岐」「讃岐風」を謳われたりしている。

香川県民の生活の中で、うどんは特別な位置を占めている。香川県におけるうどん生産量の推移(ゆで麺・生麺・乾麺の合計、香川県農業生産流通課調べ)は、1980年代は1万トン台中盤から2万トン台中盤、1990年代は3万トン強から4万トン台後半、2000年代前半は5万トン弱から6万トン台中盤であった[16]。2009年の生産量は59,643トン(小麦粉使用量)、全国1位であり、2位の埼玉県の2倍以上となっている。1980年にはわずか5%でしかなかった日本国内シェアは、以後四半世紀で四半分に迫るほどの伸びを見せた[17]

香川県民を対象とした調査によると、うどんを「週に1回以上食べる」人の割合は90.5%、「まったく食べない」人は9.5%であり、「週1回」が最も多く50.8%であった[18]

うどんは観光客向けの名物というよりは、老若男女問わず県民の生活に密着した食物・食習慣となっている。うどん店は県全域に分布し、たとえば観光用に「讃岐うどん通り」といった店鋪の特定集中区域はない[19][20]。彼らは県外に出てもうどんへのこだわりを隠さず、里帰りにうどんを食し帰郷を実感するほどである[21][注 1]

うどんにまつわる地域行事も存在する。半夏生(7月2日頃)にうどんを食べるという慣わしがあり、この習慣に基づきさぬきうどん協同組合が毎年7月2日を「さぬきうどんの日」と制定しているほか[22]大晦日には年越し蕎麦ではなくうどんを食べる県民が一定の割合で存在しており(ただし2010年の四国学院大学の学生による調査では「年越し蕎麦派」が「うどん派」を上回っている[23][24])、玉売のうどん店や製麺所は多忙を極める。また新たな行事やイベントのプロモーション活動にも余念なく、2009年からは「年明けうどん」をプロデュースするなどしている[25][26]

書き始めで筆の乗らない小説は、大抵行き詰まるので衆目に晒す前に自らボツにします。

大抵はプロットを書きます。プロットというか、頭のなかに閃いたアイディアを書き留めておくという感じです。

黒澤明監督が『七人の侍』を撮る時に元ネタとなったのは、古文書に記された「百姓が侍を雇って、野武士から村を守ったことがあった」という、ほんの一行の記述でした。

人間というか、脊椎動物の身体は中心に背骨がないと成り立ちません。勿論、この背骨が貧弱で折れてしまっては生きていけない。骨太な背骨が必要であり、それがプロットの役割だと思います。

何本か小説を書いていると、「あ、このプロットなら百枚いけるんちゃうか?」と感覚で判るようになってきます。

貧弱なプロットは、その時点でボツにします。「これなんかいけそうやな」と思うプロットが見つかったら、それを屋台骨として肉付けしていきます。皮膚を被せて、お化粧して、小説の完成です。

プロットの見つけ方は、人それぞれあると思うのですが、自分の場合は普段の生活やニュースなどを見て疑問に思ったこと、心に引っかかったことを核にしてプロットを組み立てていきます。

又吉直樹の『劇場』を読んだ。

サトリという妖怪がいる。他人の心を読める妖怪で、出会った人間を困らせる。
だが、サトリにも弱点があって、自分の心を覗いてしまうと無間地獄に陥ってしまう。

又吉直樹は、近代の純文学が好きであることを公言している。
純文学を沢山読めば読むほど、自分の読んだ小説のどれかと被らないように小説を書かなければいけなくなる強迫観念のようなものが生まれはしないだろうか?
過去の純文学で描かれたことのない表現を探し求める行為は、もはや創作ではなく隙間埋めに過ぎない。

それはどこか、妖怪サトリに似ていないだろうか?

或いは、あまり純文学に詳しくならないほうが、自分の胸の内をありのままに表現できるのかもしれない。

火花』と違い、『劇場』の映像化はかなり難しそうな気がする。
ドラマ化しても視聴率はとれないだろう。

通潤橋(つうじゅんきょう)は、熊本県上益城郡山都町(やまとちょう)にある石造単アーチ橋江戸時代嘉永7年(1854年)に阿蘇外輪山の南側の五老ヶ滝川(緑川水系)の谷に架けられた水路橋で、水利に恵まれなかった白糸台地へ通水するための通潤用水上井手(うわいで)水路の通水管が通っている。

通潤橋
通潤橋(通潤用水)(2007/06/10)
通潤橋(2007年6月撮影)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 熊本県上益城郡山都町
交差物件 緑川水系五老ヶ滝
建設 1854年
座標 北緯32度40分54.1秒 東経130度59分37.3秒

このページのトップヘ